メニュー

高血圧症

20歳以上の国民の二人に一人は高血圧である、とされています。
高血圧には本態性高血圧と二次性高血圧とがあります。多く見られるのが本態性高血圧です。原因として、肥満、運動不足、ストレス、食塩の摂りすぎ、飲酒、遺伝的体質などが組み合わさって起こると考えられています。二次性高血圧は、甲状腺や副腎などの病気の他にも、睡眠時無呼吸症候群に合併するとされています。

成人における血圧値の分類 (mmHg)
  診察室血圧 家庭血圧
  収縮期血圧 拡張期血圧 収縮期血圧 拡張期血圧
正常血圧 <120 かつ <80 <115 かつ <75
正常高値血圧    
120-129 かつ <80 115-124 かつ <75
高値血圧 130-139 かつ/または80-89 130-139 かつ/または80-89
高血圧 140以上 90以上 135以上 85以上

 

診察室血圧とは、クリニックなどに来られて測ると、普段に家で測るより高めの値になってしまうことから、自宅(家庭)での血圧と区別しています。
血圧が高いと、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなるばかりか、腎臓などの内臓にも負担がかかります。痛みなどの自覚症状が無いことから、慢性的に臓器に負担をかけてしまします。
高血圧が進んで動脈硬化になると、心臓の疾患(狭心症や心筋梗塞、心不全など)や、また脳の疾患(脳梗塞、脳出血などの脳血管障害(脳卒中)や認知症)になりやすくなります
塩分の濃い食事に慣れている方は、減塩も心掛けましょう。一日6gの塩分までに下げることが推奨されています。
もし、おうちに血圧計があるなら、ぜひ血圧を測る習慣にチャレンジしましょう。
毎日毎朝に測れなくても良いですから、まずはできる範囲で第一歩を。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME